住宅模型

太陽光パネルなどを完備していることが特徴のZEH

限られた敷地を有効に使う

夫婦

必要技術をチェック

名古屋の限られた敷地を有効に使うには、3階建て一戸建てにしたり、地下室を利用する方法が考えれます。名古屋で3階建てを建てるならやはり、構造強度や防火性能を確かめておくことが大切です。名古屋でも欠陥住宅問題で違法3階建ての危険性が指摘されることがあります。構造計算をせず、3階を屋根裏の物置のように偽って建築確認申請をし、その後現場工事で3階に変更したため十分な強度がなく、一戸建ての家が傾いたり、地震で倒壊するといった事例があります。今は構造計算の便利なソフトウェアもあり、手間もコストも少なくなっているようです。名古屋のハウスメーカーでは施工のスピード化をはかるため、工法自体で構造強度や防火性能についての認定を受けて、個別に確認を受けなくて済むケースもあります。住み心地の点では階段の位置取りなどの設計力が大事です。上下階の移動のしやすさをよく検討する必要がありますし、3階になれば、階段の数も増えますから配置によっては無駄な面積が多くなってしまいます。階段の面積がもったいないからといって狭く急勾配の階段にしたのでは日常の安全性に問題が出てしまいます。一方、地下室は防湿技術が大事なポイントです。一戸建て施工先の実績や技術力をチェックしておきましょう。そして、地面の掘削、整備、防湿処理などの特殊な工事が必要なので、一戸建て施工費は割高になります。費用についても見積もり時点によく確認しておくようにしましょう。

Copyright © 2017 太陽光パネルなどを完備していることが特徴のZEH All Rights Reserved.