住宅模型

太陽光パネルなどを完備していることが特徴のZEH

子育てしやすい都市

家

治安が良く生活がしやすい

相模原市は昭和29年に人口8万人で市制開始してから、現在では人口70万人を超える政令指定都市となり、現在も人口が増加している都市です。相模原市はもともと大工場が多い土地でしたが、近年の工場の海外移転や集約化によって相模原市から工場が移転したことによって多くの不動産物件が供給されることになりました。それにより都心まで35分から40分で通勤することができることからベッドタウンとして人口が増加しています。相模原市は平成の大合併によって周辺町と合併したことによって市内に自然豊かな都市になりましたが、それ以前も大規模な公園が旧市内にあり、子育てがしやすいとして比較的若い世代が相模原市に不動産を購入して生活をしています。相模原の市街地は全国的には珍しく北部と南部に分かれています。北部は戦前から計画的に道路計画がされていたこともあり、整然とした街並みが続き、販売不動産も高層マンションも多い特徴があります。大型のショッピングセンターやホームセンターも立地していて、生活利便性が非常に高いエリアです。一方南部では駅周辺は生活に必要なものが全て揃う利便性がありながら、一歩離れると自然豊かな住宅地があり、販売不動産も一戸建てが多くなっています。相模原は他地域から人口が流入している都市ですが治安が良いことで有名で、女性の一人暮らしも多い土地です。子供を安心して育てることができることも相模原の人気を上げる理由の一つとなっています。

Copyright © 2017 太陽光パネルなどを完備していることが特徴のZEH All Rights Reserved.